経済政策ジャーナル 第 15 巻 第 1 号

2018 年 8 月 10 日発行

 

【研究論文】

 

仲間瑞樹

「消費遺産動機における資産バブルと課税政策」

中西 一

「財政再建政策の産出効果―交差効果分析からの接近―」

上村一樹・駒村康平・久野譜也

「健康ポイント制度における利用者負担の可能性―コンジョイント分析による検証―」

中野あい

「生活習慣、心身の健康状態と職場環境」

松村 隆

「金融機関を内生化した2カ国DSGE モデルの構築と政策分析」

 

【研究ノート】

 

明村聖加・小嶋大造

「家計の食料品消費に対する軽減税率の効果と限界―マイクロデータにもとづくエビデンスベースの議論に向けて―」

 

 

編集委員会(Editorial Board)

 

編集委員長(Chief Managing Editor)

谷口洋志(中央大学)

 

編集運営委員(Managing Editors)

村瀬英彰(学習院大学)、飯田泰之(明治大学)

 

編集顧問(Honorary Board)

新野幸次郎、野尻武敏、植草 益、横井弘美

横山 彰、丸谷泠史、松本保美、荒山裕行

 

編集委員(Editors)

上村敏之(関西学院大学)、角本伸晃(実践女子大学)、川崎一泰(東洋大学)

駒村康平(慶應義塾大学)、胥 鵬(法政大学)、瀧澤弘和(中央大学)

千田亮吉(明治大学)、鳥居昭夫(中央大学)、鳥飼行博(東海大学)

西川雅史(青山学院大学)、前田 隆(金沢大学)、松波淳也(法政大学)

矢口和宏(敬愛大学)、家森信善(神戸大学)