経済政策ジャーナル 第 15 巻 第 2 号

2019 年 3 月 29 日発行

 

【研究論文】

 

上村一樹

自己負担額引き下げは市町村国保の特定健診受診率を向上させるのか

上村一樹・駒村康平・久野譜也

インセンティブを利用した運動習慣促進の可能性―仮想健康ポイント制度への選好から ―

永井四郎

『道徳感情論』から『国富論』へ―「見えざる手」の真意 ―

原 一樹

財政政策のプロシクリカリティと財政ルール

高橋勇介

非正規雇用から正規雇用への移行とその要因

TUMEN ANAR

若年労働市場はなぜ変化したのか-日本企業の若年採用行動の変化から-

 

【サーベイ論文】

 

岸田泰則

日本における高齢者雇用と若年者雇用の代替・補完関係に関する理論的検討

 

【研究ノート】

 

岩本朋大

鉄道輸送時間が人口の流出に与える影響-東京一極集中への一考察-

 

編集委員会(Editorial Board)

 

編集委員長(Chief Managing Editor)

谷口洋志(中央大学)

 

編集運営委員(Managing Editors)

村瀬英彰(学習院大学)、飯田泰之(明治大学)

 

編集顧問(Honorary Board)

新野幸次郎、野尻武敏、植草 益、横井弘美

横山 彰、丸谷泠史、松本保美、荒山裕行

 

編集委員(Editors)

上村敏之(関西学院大学)、角本伸晃(実践女子大学)、川崎一泰(東洋大学)

駒村康平(慶應義塾大学)、胥 鵬(法政大学)、瀧澤弘和(中央大学)

千田亮吉(明治大学)、鳥居昭夫(中央大学)、鳥飼行博(東海大学)

西川雅史(青山学院大学)、前田 隆(金沢大学)、松波淳也(法政大学)

矢口和宏(敬愛大学)、家森信善(神戸大学)