MENU

楽天カード審査が落ちるヤバい10の理由と対策

誰もが今では持っている楽天カード。審査は早ければ最短10分と言われています。筆者も申し込みましたが数日で審査通過しました。しかし審査に落ちてしまった人も少なくありません。この記事では審査が落ちてしまうヤバい人の特徴についてまとめました。

\今なら5000ポイントもらえます/

目次

楽天カード審査が落ちるヤバい特徴

楽天カード審査落ちてしまうには必ず理由があります。ヤバい理由をまとめました。

①点数が足りていない

カード会社はまず勤務している会社や勤務歴、収入などを点数化してスコアにします。

そのスコアが足りない場合は審査に落ちる場合があります。

会社に勤務していることや年収などはすべて信用に関わってきます。

一定の信用がないと落ちてしまうということです。

②身寄りがいない無職

楽天カードですが、実は無職でも審査に合格しています。

その場合は家族がいる場合です。

無色で同居している家族がいない完全な無職の人は審査に受かりませんので注意しましょう。

③滞納や延滞をしたことがある

カード会社ですが、まず審査の場合、信用情報機関に申込者の信用情報を照会します。

その際に過去に延滞や滞納、債務整理など金融事故があった場合は審査に落ちてしまう可能性が高いです。

機関によって異なりますが、CICやJICCなど契約内容が保管される期間は契約期間中及び契約終了後5年以内となっています。

④借り入れが多い

楽天カードに限らずですが審査に落ちる場合は借り入れが多いという点があります。

借り入れが多い=借金が多いということなので返済能力の有無に大きく関係し、マイナス評価をされることが多いです。

⑤キャッシング枠を希望した

楽天カードの審査に落ちた場合、キャッシング枠を希望していると審査が難しくなる場合があります。

例えば他社への借り入れが年収の3分の1になっている場合、キャッシングの希望が通ることはありません。

キャッシング枠を希望するということはお金に困っているとみなされ不利になってしまうのです。

⑥同時に複数のカードを申し込んだ

楽天カードを申し込みながら他社のカードにも同時に申し込むと、審査会社は「この人はお金に困っているヤバい人だ」とみなします。

カード申し込みには入会キャンペーンなるものがありますが、そういった狙いで複数申し込んでしまうと「収入面に何か問題があるのではないか」ととらえられてしまうので注意しましょう。

⑦在籍確認ができない

また在籍確認ができない場合も審査に落ちてしまいます。

在籍確認とは勤務先や自宅に本人がいるかどうかの確認です。

楽天カード申し込みで在籍確認がある場合はほとんどありませんが、虚偽の記載があった場合や名前などが変更になってる場合、勤務先が変わった場合などはまれに在籍確認の電話があることがあります。

ちなみに在籍確認があった場合、本人がいなくても他人が「今出ています」と伝えれば在籍確認は取れたとみなされます。

⑧入力情報に誤りがあった

楽天カードに落ちる場合は入力情報に誤りがあった場合は審査に通過しません。

身分証明書と申請書の住所が一致しない、電話番号の番号が違う、銀行の届出印が違うなどです。

カード会社はこういったことをミスだったとしてもミスと判断できません。

第三者による不正申告とみなしてしまいます。

また嘘の貯金額を申請して審査に落ちた人もいます。必ず本当のことを記載しましょう。

⑨スーパーホワイトの場合

過去に一度もカードやローンをしたことがない人を「スーパーホワイト」と呼びますが、このスーパーホワイトの人は審査に落ちることがあります。

いわゆる現金主義の人です。

支払いの遅延など何か問題がある人はブラックになりますが、何も問題がない人はホワイトに属します。

一方このスーパーホワイトの人はホワイトとして判断されない場合があります。

一度も利用したことがない、という個人信用情報が存在しないということです。

また若い20代でスーパーホワイトならクレジットカードを作った経験がなくても不審がられませんが、ある程度の年齢でクレジットカード利用が一度もないとなると不安視されやすいということがあります。

実際に自分がこれに属するかどうか不明な人は以下の期間に連絡してみましょう。

⑩いきなり上位ランクのカードを申し込んだ

楽天カードにはいろいろ種類がありますが、いきなり上位のランクのカードを申し込むと審査が落ちる可能性が高いです。

同じカードでも種類によって審査基準が異なるので注意しましょう。最初は通常の楽天カードを申し込むのが安全です。

楽天カード審査に落ちても再審査通過する方法

楽天カード審査に落ちてしまったけれど再審査したい場合はどうしたらいいのか?まとめました。

①半年以上間をあける

楽天カードに再審査を申し込む場合は最低でも半年以上空けましょう。

6か月以上経過すると信用情報機関に記録されているカード会社が照会した事実が消えます。

その間になぜ落ちたのか明確にしましょう。

②収入を安定させる

楽天カードですが、アルバイトやフリーターでも審査は通過しています。

落ちてしまった場合は再審査までの間に主アルバイトなどで収入を安定させるのも良いかもしれません。

③楽天サービスを積極的に利用する

これは実際にあるのですが、楽天サービスを積極的に利用して、日ごろから楽天サービスと繋がっていると

カードも通過しやすいという話です。

おすすめは楽天銀行です。こちらの口座を作り、預金を積めば信用に繋がります。

実査に我が家でも楽天銀行は使っていて、そのせいかわかりませんが楽天カードはすぐに審査通過しました。

まとめ

楽天カードの審査が落ちてやばいという記事を書きましたが、いかがでしたか?

審査に落ちる特徴としては、在籍確認ができない。

無職である(同居人に働いてる人がいない)、借り入れが多い、同時に複数のカードの申し込みをしてるなどです。

これらに当てはまっていないか再度確認してください。

しかし実際に落ちることはほぼほぼないかと思います。

なぜなら楽天カードが落ちた話を周囲で聞かないからです。

\今なら5000ポイントもらえます/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次